DTPデータとは?
主なソフトや拡張子を紹介

DTPイメージ画像

DTPという言葉を耳にしたことはあるでしょうか?

DTPとは「Desk Top Publishing」の頭文字をとった略語で、パソコンを使って印刷物を制作する意味として使われています。

この工程で制作されるデータ全般を「DTPデータ」と呼び、画像やレイアウトファイルなど様々なものが存在します。

ここでは、DTPデータとは何か?DTPデータにはどんな種類があるのかなどをわかりやすく紹介します。

DTPデータとは?

DTPデータとは、パソコンで制作された印刷物用のデータ全般のことです。

データ作成アプリケーションに依存しており、具体的にはインデザイン、クォークエクスプレス、フォトショップ、イラストレーター、アクロバット(PDF)などで作成されたデータです。

DTPデータは特定のデータを指しているわけではないため、印刷物制作に関連するデータの総称と考えると良いでしょう。

昨今では、電子書籍制作(EPUB制作)代行サービスを利用する際に、DTPデータで入稿するケースが増えています。

DTPの歴史

DTPは、1985年にアドビシステムズ(現アドビ)が開発した「Adobe PageMaker」の登場と同時に広まりました。

アメリカで出版関係のソフトウェアを開発・販売していたアルダス社 (Aldus) 社長だったポール・ブレイナード氏が、PageMakerの発表と同時にDTPという造語を考案し、現在でも広く使用され続けています。

同社は1994年にアドビ社に買収されましたが、現在ではアドビ社の「InDesign(インデザイン)」が後継ソフトウェアとして流通しており、DTPデータの代表的な存在です。

主なDTPソフト

DTPデータの主なソフトウェアをご紹介します。

  • Adobe Creative Suite
  • Adobe InDesign
  • Adobe Photoshop
  • Adobe Illustrator
  • Adobe FrameMaker
  • CorelDRAW
  • パーソナル編集長
  • ラベルマイティ
  • Quark XPress

この他にも、マイクロソフトのエクセルやワード、ジャストシステムの一太郎や花子、アップル社のKeynoteやPagesなどもDTPに使用されることもあり、これらのデータもDTPデータとして扱われることがあります。

現在では「Adobe InDesign」がDTPにおける事実上の標準ソフトとされています。

DTPデータの主な拡張子

DTPデータで使用される主な拡張子を見てみましょう。

拡張子はファイル入稿や校正作業など、DTPデータのやり取りをする際に使われるため、覚えておくと便利です。

画像ファイル

.pdf PDFデータ

.eps EPSデータ

.psd Photoshop形式データ

.psb Photoshopビッグドキュメント形式データ

.tif/.tiff TIFFデータ

.jpg/.jpeg JPEGデータ

.png PNGデータ

.gif GIFデータ

.bmp BMPデータ

文章・レイアウト・プレゼンテーションファイル

.qxd QuarkXPressデータ

.indd InDesignデータ

.idml InDesign XMLデータ

.ai Illustrator形式データ

.doc Microsoft Wordデータ(Word 97-2003)

.docx Microsoft Wordデータ(Word 2007以降)

.ppt Microsoft PowerPointデータ(PowerPoint 97-2003)

.pptx Microsoft PowerPointデータ(PowerPoint 2007以降)

.pub Microsoft Publisherデータ(Publisher 97-2003)

.pubx Microsoft Publisherデータ(Publisher 2007以降)

圧縮ファイル

.zip ZIP圧縮データ

.sit/.sitx StuffIt圧縮データ

.lzh LHA圧縮データ

スマートゲートのDTP制作はこちら

一覧へ戻る

その他サービス

  • 電子書籍制作

    スマートゲートの電子書籍制作(epub制作)は、これまで取引先400社、制作実績30,000冊以上と、業界トップクラスの実績とサービスです。業界最速・最安値水準で安定した品質を保証します。

  • デジタルブック制作

    電子書籍制作業界No1のマートゲートが提供するデジタルブック/デジタルカタログ制作では、過去培った制作ノウハウを元に、スマートフォン閲覧に最適な制作を行い、UI/UXの改善によって離脱率防止や販促強化に貢献します。

  • OCR処理

    スマートゲートのOCRは、これまで出版物の電子書籍制作で培ってきたOCR技術や校正ノウハウをフル活用することで、精度の高いテキストデータを提供しております。旧字などの難易度の高い文字への対応や目的に応じた最適なデータ形式での納品、デジタルアーカイブの環境構築まで、一気通貫のサービスでご提案をします。

  • スキャニング

    出版物の電子書籍制作で培ってきた制作ノウハウを活用することで高解像度のデータ化で提供しております。

お見積り・
お問い合わせ