EPUB3とは?
制作時の特徴や注意点を紹介

epub3

電子書籍について調べていると「EPUB(Electronics Publication)」をよく目にすると思います。

EPUBとは電子書籍のファイル形式のことで電子書籍の主流の規格です。そんな「EPUB3(イーパブスリー)」ですが、EPUB3にはどのような特徴があり、どんなことに注意すべきなのでしょうか?

ここではEPUB3についてわかりやすく解説します。

EPUB3とは?

EPUB3とは、電子書籍のファイル形式の規格であるEPUBとそのバージョン3を合わせた用語です。「EPUB3.0」と表記されることもあります。

2011年10月に「EPUB 3.0 Final Specification」が公開されて以降改良が加えられ、2017年1月に「EPUB3.1」にアップデートされました。(2021年5月時点の最新版)

EPUB3は、Apple BooksやGoogle Playブックスなどの幅広いプラットフォームに対応していることから、電子書籍におけるファイル形式の標準になりつつあります。

EPUB3は複雑な日本語組版にも対応しており、国際的な技術の標準化、そして電子書籍の普及を推進する技術です。

EPUB3の特徴

EPUB3の特徴をご紹介します。

日本語組版の基本的な機能をサポート

EPUB3の最も大きな特徴と言えるのが「日本語組版の基本的な機能をサポート」としていることです。

例えば、EPUB2では対応していなかった縦組み、縦中横、圏点、ルビ表記、禁則処理といった日本語の書籍で必要な要素が追加されました。

これらはHTML5やCSS3などの技術を用いることで実現し、EPUB3によって日本語の電子書籍の表現度が大幅に向上しています。

国際標準へ前進した言語対応

EPUB3は日本語だけでなく、台湾や香港などの縦書き、右から左へ書くアラビア語やヘブライ語などにも対応しています。

言語によって異なる規則や見え方に幅広く対応したことから、国際的な標準規格として普及が加速しています。

EPUB3利用時の注意点

次に、EPUB3の注意点を見てみましょう。

複雑なレイアウトの表現が難しい

EPUB3は日本語組版に対応しているものの、複雑な組版になると表現できない場合があります。

この理由は日本語組版を表現する技術としてCSSを用いているためです。CSSの特性上、縦組みと横組みが同一ページに混在する場合などは、いずれかの指定を無効にしなければいけません。

日本語組版に対応しているEPUB3とは言え、複雑なレイアウトは表現できない場合があるので注意しましょう。

リーダーによって対応が変わる

EPUB3は日本語の様々な組版に対応できるようになった一方で、電子書籍リーダーが対応しきれていない場合があります。

これにより、意図した通りのレイアウトが表現されなかったり、表示が乱れる可能性があります。

そのため、EPUB3で制作した電子書籍は仕様をよく理解することや、EPUB-Chekerを使ったチェックに加えて、リーダーの実機を使ってチェックする手間が発生するので注意しましょう。

EPUB-Cheker

EPUB3でのコンテンツ制作ガイド

EPUB3でコンテンツを制作する際には、以下の制作ガイドを参考にすることをおすすめします。

日本電子書籍出版社協会

電書協 EPUB 3 制作ガイド ver.1.1.3

一覧へ戻る

その他サービス

  • 電子書籍制作

    スマートゲートの電子書籍制作(epub制作)は、これまで取引先400社、制作実績30,000冊以上と、業界トップクラスの実績とサービスです。業界最速・最安値水準で安定した品質を保証します。

  • デジタルブック制作

    電子書籍制作業界No1のマートゲートが提供するデジタルブック/デジタルカタログ制作では、過去培った制作ノウハウを元に、スマートフォン閲覧に最適な制作を行い、UI/UXの改善によって離脱率防止や販促強化に貢献します。

  • OCR処理

    スマートゲートのOCRは、これまで出版物の電子書籍制作で培ってきたOCR技術や校正ノウハウをフル活用することで、精度の高いテキストデータを提供しております。旧字などの難易度の高い文字への対応や目的に応じた最適なデータ形式での納品、デジタルアーカイブの環境構築まで、一気通貫のサービスでご提案をします。

  • スキャニング

    出版物の電子書籍制作で培ってきた制作ノウハウを活用することで高解像度のデータ化で提供しております。

お見積り・
お問い合わせ