電子書籍取次

【電子書籍取次とは】

出版社と電子書籍販売サイトの間に入り、電子書籍の流通および売上管理を行う事業、またはその事業を行う業者のことをいいます。

【電子書籍取次を利用するメリット】

データフォーマットや納品方法は販売サイトごとに異なるため、複数のサイトで電子書籍の販売をしていると売上管理も複雑になる。このため、出版社の手間や負担を軽減する役割がある。
出版社から預かった電子書籍データに対し、必要に応じてメタデータの追加や画像の加工などの編集を行い、販売サイトに供給する。電子書籍データ自体の制作まで行う場合もある。

【電子書籍取次を利用するデメリット】

販売サイトの手数料とは別に取次への手数料がかかるため、その分出版社や作家の収益は少なくなります。また、出版社と販売サイトの間に取次が入るため、出版社から販売サイトへ直接連携したキャンペーンは行いにくいです。

戻る